お中元は夏のあいさつを目的として贈られる年中行事の1つです。元々は道教の年中行事とされる中元を起源としていますが、現代では道教との関りがない方も行っています。お中元の文化を維持する上で大きな支えになっているのは会社の存在です。会社文化としてお中元を贈りあうことにより、関係性を構築することが容易になります。

特に今後も取引を続けたい意思を示すためにも有効といえるでしょう。上半期の区切りとしてお世話になった方に贈ることが習慣化しました。法人のみならず、個人の単位でも実施されており、重要な文化の1つとされています。お中元を贈る時期については地域差があります。

首都圏では7月の上旬から15日ごろまでに贈るのが一般的です。お中元には夏の疲れをねぎらうとの意図があります。日本は南北に長く、地域によって暑さを強く感じる時期が異なるため、そのことが贈る時期にも影響があるといえるでしょう。内容についても地域差がありますが、どの地域でも安定した人気があるのが果物です。

果物は多くの方が美味しく食べることができ、内容を選べば場所もそれほど取らない点がメリットです。相手の好物を事前に調べておき、送る品物を選ぶことも有効となります。会社から送るものについては、どうしても無難なものが選ばれがちです。一方で個人でおくる際にはやや意外性のある品物も選択することが重要となります。

相手の気持ちを考えながら品物を選択することが大切です。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です