お中元とは相手に感謝の気持ちを示すために、商品を贈るものだから、相手の喜びそうなものを選ぶのが基本です。何を贈れば喜びそうかは、普段の言動である程度のヒントが出ている事が多く、コミュニケーションを大切にしていれば容易に何を贈るのが理想かを判断出来ます。例えばコーヒーの詰め合わせを贈る場合、加糖系か無糖系かなどの種類があり、味とブランドを相手の好み通りに選択できたら完璧です。会社の場合、変なタイミングで配置換えが起こる事もある関係で、お中元の時期の少し前に新しい上司が着任した場合などは、相手の好みが分らない事もあります。

その場合は相手の生活状況に合わせた品物を選択すると喜ばれます。例えば子持ちの場合なら、和菓子やジュースの詰め合わせなどが理想です。一人暮らしの場合は、消費期限の長い品物を選択する事や、タオルや洗剤などの日用品でも問題ありません。基本的にはお中元で選択する品物は相手の好みに合わせる方が理想ですが、縁起の関係で贈ったら駄目な品物もあるので注意が必要です。

現金や商品券を贈る事は、相手が貧乏だから金品を恵んでやるという意味に捉えられる事があるのと、お中元の本来の趣旨にも反しているので、よろしくないです。万年筆などの筆記用具は、仕事で使う事が連想される事から、今以上にもっと働けと相手に品物で言っているようにも見えるので、あまり好まれません。品物選びに迷ったら、カタログギフトも有効です。カタログギフトは相手がカタログの中の商品を自由に選択できますが、現金や商品券と違い、カタログという品物を贈っている事になるので、お中元としては無難な選択肢の一つです。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です