もしかすると最近はお中元の文化が廃れてきてしまっているので、もうこの手の贈り物は必要ないと考えてしまう若い人もいるかもしれません。ですが贈り物にも十分な意味があるので、安易に辞めてしまうことはしない方が良いです。例えば、取引先に送る場合です。一部の大手企業や優れた経営者がいる場合を除いて、残念ながら多くの企業はあまり同業者間で決定的に違うサービスを見せることが出来ません。

こうした時に取引先がどの企業に事業を発注するかを決めるには、感情的な要因が大きく絡んでくることが多いのです。親しい間だからとか、いつもの流れでといった形で仕事を発注するケースが多々あります。お中元を贈っておけば、こうした良好な関係を取引先と維持しやすくなります。また、実際の事業を行うに当たって担当者は若い人でも意思決定者は高齢の事業者であることは非常に多いです。

高齢の方であればあるほど、昔の風習や価値観を大切にしています。そうした方にとってみればお中元を毎年贈り続けることに大きな意味を感じていることがあります。もしも贈るのをやめてしまうと相手は大きなショックを受けてしまうかもしれません。実務担当者が若いからといって、安易に贈るのをやめてしまうことは危険です。

年配の方との関係を維持することは仕事の上でとても大切ですのでお中元を贈るのは意味があります。自分はあまり重要だと思っていないかもしれなくても、相手方が同じ意識だとは限りません。少なくともお中元を贈って置いて損をすることは少ないのではないでしょうか。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です